icalcsコマンドを使ってファイルアクセス権限を設定する方法

NO IMAGE

icacls.exeとは

インテグリティ・コントロール・アクセス・コントロール・リスト(Integrity Control Access Control List)の略です。Windows Server 2003 Service Pack 2以降に搭載されているicaclsはファイルやフォルダのアクセス制御リストを表示、修正、バックアップ、復元したりなどができます。

つまるところ、icaclsコマンドを使うことでファイルのアクセス権限を変更することができます。

構文とサンプル

icacls <FileName>[/許可 [: r] <Sid>: <Perm> [...][/<Sid> を拒否: <Perm> [...][/[:g|:d] 削除] <Sid> [...][/t][/c][/l][/q][/setintegritylevel <Level>: <Policy> [...]icacls <Directory>[/<SidOld> を置き換える<SidNew>[...]][/<ACLfile> を復元します。[/c][/l][/q]]

上記構文を見てもよくわかりませんが、ファイル権限を修正するには以下のコマンドにパラメータを指定します。

icacls [ファイル名] /grant [ユーザー名]:[perm]

perm にはアクセス許可マスクで、単純な方法では以下のように指定できます。

  • N – アクセス権なし
  • F – フルアクセス権
  • M – 変更アクセス権
  • RX – 読み取りと実行のアクセス権
  • R – 読み取り専用アクセス権
  • W – 書き込み専用アクセス権
  • D – 削除アクセス権

c:\work\test.txt を用意し、コマンドでアクセス権限を修正する例を見てみます。

Everyoneにフルアクセス権設定

icacls C:\work\test.txt /grant Everyone:F

Everyoneのアクセス権なし

icacls C:\work\test.txt /grant Everyone:N

あとはヘルプを見て確認してください。おそらくアクセス権を好きなように設定できます。

ヘルプ

icacls /?
  ICACLS <名前> /save <ACL ファイル> [/T] [/C] [/L] [/Q]
      名前が一致するすべてのファイルとフォルダーの DACL を <ACL ファイル> に
      格納して、後で /restore で指定できるようにします。SACL、所有者、整合性
      ラベルは保存されません。

  ICACLS <ディレクトリ> [/substitute <旧 SID> <新 SID> [...]]  /restore <ACL ファ
      イル> [/C] [/L] [/Q]
      格納されている DACL を <ディレクトリ> 内のファイルに適用します。

  ICACLS <名前> /setowner <ユーザー> [/T] [/C] [/L] [/Q]
      すべての一致する名前の所有者を変更します。このオプションでは、所有権の
      変更を強制することはできません。所有権を変更するには、takeown.exe
      ユーティリティを使用してください。

  ICACLS <名前> /findsid <SID> [/T] [/C] [/L] [/Q]
      <SID> が明示されている ACL を含むすべての一致する名前を検索します。

  ICACLS <名前> /verify [/T] [/C] [/L] [/Q]
      ACL が正規の形式ではないか長さが ACE 数と一致しないすべてのファイルを
      検索します。

  ICACLS <名前> /reset [/T] [/C] [/L] [/Q]
      すべての一致するファイルについて、ACL を継承された既定の ACL と置換します。

  ICACLS <名前> [/grant[:r] <SID>:perm[...]]
         [/deny <SID>:perm [...]]
         [/remove[:g|:d]] <SID>[...]] [/T] [/C] [/L]  [/Q]
         [/setintegritylevel Level:policy[...]]

      /grant[:r] <SID>:perm は、指定されたユーザー アクセス権を付与します。
          :r を指定すると、以前に付与されたすべての明示的なアクセス許可は新しい
          アクセス許可に置き換えられます。
          :r を指定しない場合、新しいアクセス許可は以前に付与された明示的な
          アクセス許可に追加されます。

      /deny <SID>:perm は、指定されたユーザー アクセス権を明示的に拒否します。
          指定されたアクセス許可に対応する明示的な拒否 ACE が追加され、明示的な
          許可内容に含まれる同じアクセス許可は削除されます。

      /remove[:[g|d]] <SID> は、ACL 内にあるすべての <SID> を削除します。
          :g を指定すると、その SID に対して許可されたすべての権限を ACL から
          削除します。
          :d を指定すると、その SID に対して拒否されたすべての権限を ACL から
          削除します。

      /setintegritylevel [(CI)(OI)] レベルは、すべての一致するファイルに整合性
          ACE を追加します。このレベルは次の 1 つとして指定されます。
              L[ow]
              M[edium]
              H[igh]
          整合性 ACE の継承オプションは、レベルの前に配置でき、
          ディレクトリに対してのみ適用されます。

      /inheritance:e|d|r
          e - 継承を有効にします。
          d - 継承を無効にし、ACE をコピーします。
          r - 継承された ACE をすべて削除します。


  注意:
      <SID> は数値形式またはフレンドリ名形式で指定できます。数値形式の場合は、
      SID の始めに * を付けます。

      /T は、<名前> で指定されたディレクトリ以下のすべての一致するファイルと
          ディレクトリに対してこの処理が実行されることを指定します。

      /C は、どのようなファイル エラーが発生してもこの処理が続行されることを
          指定します。ただしエラー メッセージは表示されます。

      /L は、この処理がターゲットではなくシンボリック リンク自体に対して実行
          されることを指定します。

      /Q は、icacls が成功のメッセージを抑制することを指定します。

      ICACLS は、ACE エントリの正規の順序を維持します:
              明示的な拒否内容
              明示的な許可内容
              継承された拒否内容
              継承された許可内容

      perm はアクセス許可マスクであり、次の 2 種類の方法で指定できます:
          単純な権限を列挙:
                  N - アクセス権なし
                  F - フル アクセス権
                  M - 変更アクセス権
                  RX - 読み取りと実行のアクセス権
                  R - 読み取り専用アクセス権
                  W - 書き込み専用アクセス権
                  D - 削除アクセス権
          特定の権限をコンマ区切りでかっこ内に列挙:
                  DE - 削除
                  RC - 読み取り制御
                  WDAC - DAC の書き込み
                  WO - 所有者の書き込み
                  S - 同期
                  AS - システム セキュリティへのアクセス
                  MA - 無制限
                  GR - 一般的な読み取り
                  GW - 一般的な書き込み
                  GE - 一般的な実行
                  GA - 一般的なすべての操作
                  RD - データの読み取り/ディレクトリの一覧表示
                  WD - データの書き込み/ファイルの追加
                  AD - データの追加/サブディレクトリの追加
                  REA - 拡張属性の読み取り
                  WEA - 拡張属性の書き込み
                  X - 実行/スキャン
                  DC - 子の削除
                  RA - 属性の読み取り
                  WA - 属性の書き込み
          継承権限はどちらの形式の前にも配置でき、ディレクトリにのみ適用され
          ます:
                  (OI) - オブジェクト継承
                  (CI) - コンテナー継承
                  (IO) - 継承のみ
                  (NP) - 継承を適用しない
                  (I) - 親コンテナーから継承した権限

  例:

          icacls c:\windows\* /save <ACL ファイル> /T
          - c:\windows より下にあるすべてのファイルとサブディレクトリの ACL を
            <ACL ファイル> に保存します。

          icacls c:\windows\ /restore <ACL ファイル>
          - <ACL ファイル> 内のファイルのうち c:\windows とそのサブディレクトリ
            内に存在するすべてのファイルの ACL を復元します。

          icacls <ファイル> /grant Administrator:(D,WDAC)
          - Administrator ユーザーに、<ファイル> に対する削除および DAC 書き込み
            のアクセス許可を与えます。

          icacls <ファイル> /grant *S-1-1-0:(D,WDAC)
          - SID S-1-1-0 によって定義されたユーザーに、<ファイル> に対する削除
            および DAC 書き込みのアクセス許可を与えます。

参考URL

Windowsカテゴリの最新記事