Web備忘録

プログラミングを中心に技術的な事柄を忘れないように書き残します。

[Python] バブルソートの実装方法とアルゴリズム

Pythonとバブルソート Pythonをはじめました。いろいろと勉強がてら実装してみます。ここではソートアルゴリズムの最も初歩的なバブルソートを実装します。 Pythonには2系と3系がありますが、Python3.6を使って実装しました。 # バブルソート def bubble_sort(array): n = len(array) for i in range(n-1): for j in range(n-1, i, ...

続きを読む ⇒

[VB] 三項演算子と短絡評価(IF演算子,IIF関数)

三項演算子とは 三項演算子(条件演算子)とは、条件式の結果により異なる式が評価される演算子です。 真偽値式・真の場合に評価する式・偽の場合に評価する式 からなります。IF~THEM~ELSEと同じようですが、文ではなく式を評価します。 VB.NETの三項演算子 VB.NETの三項演算子は IF演算子 と IIF関数 の2つがあります。この2つの違いは 短絡評価(ショートサーキット)を行うかどうかです。VS2008以降で IF演算子 が利用できます。ちなみにC# ...

続きを読む ⇒

[Javascript] ゼロ埋め(ゼロパディング)する方法

javascriptで0埋め(ゼロパディング)する方法 ある数値について、指定桁数まで左にゼロ埋めしたい場合があります。その実現には slice() を利用します。例えば、12 を3桁で0埋めするには次のように書きます。 var a = ("000"+12).slice(-3); // "012" このコードではまず、文字列 "000" とゼロ埋めしたい数 12 を結合し、文字列 "00012" を作ります。それから slice() を利用し ...

続きを読む ⇒

Javascriptで同じ文字列を繰り返す方法

Javascriptで同じ文字列を繰り返す方法 Javascriptで同じ文字列を繰り返して新しい文字列を生成する方法が知りたかったので調べました。例えば "abc" という文字列を3回繰り返した "abcabcabc" という文字列を取得する方法です。 join()を使う方法 空文字を n+1 個持った配列を用意し、繰り返したい文字列を区切り文字とし join することで文字列の指定回数繰り返しを表現できます。 わかりやすくするために 3+1 としています。 ...

続きを読む ⇒

[Linq] 条件に一致する要素数を数える方法

Linqで条件に一致する要素数を数える方法 Linqを使って、コレクションの中から条件に合うものの数を数える際に、今まではWhere()で条件を絞ってから、Count()をしていました。ですがCount()自体の引数で条件を指定できるのでそちらを利用した方が簡潔だと知りました。 例えば 1~100 の中の偶数の個数を数える処理は次のように書けます。 var count = Enumerable.Range(1, 100).Count(n => n % ...

続きを読む ⇒