Web備忘録

プログラミングを中心に技術的な事柄を忘れないように書き残します。

[C#] 文字列でプロパティ名を指定してアクセス(参照・更新)する方法

[C#] 文字列でプロパティ名を指定してアクセス(参照・更新)する方法     C#では、System.Reflection.PropertyInfoクラスのメソッドを利用して、プロパティ情報の参照や更新ができます。PropertyInfoクラスは、System.Type クラスの GetPropertyメソッドで取得できます。     例えば次のような Person クラスがあるとします。 class Person {    // プロパティ    publ ...

続きを読む ⇒

[MS SQL] Insertしたデータの ID(IDENTITY) を取得する方法

[MS SQL] Insertしたデータの ID(IDENTITY) を取得する方法     SQL Server では、テーブルの列に対して自動でIDを採番してくれる IDENTITY というプロパティがあります。このプロパティが設定されている列については、手動で値を登録することができません。     例えば INSERT 処理後、このIDを使って関連するテーブルへデータを続けて登録したい場合は、以下のように(SCOPE_IDENTITYを使用)すれば直前に採番された ID ...

続きを読む ⇒

[C#] 列挙型をビット演算に対応させる

[C#] 列挙型(enum)をビット演算に対応させる 通常の列挙型(enum)の値は当然複数の値をもたせることはできません。ですが Flags 属性を持たせることで、ビット演算によるフラグ管理の対象にできます。 Flags 属性付与プラス、列挙型の値を2の冪乗の形で定義することで、ビットフラグに対応させることが可能になります。 列挙型(enum)の定義 以下のような列挙型 Colors を定義します。内部の値は2の冪乗で定義します。単純に2nの値を定義して ...

続きを読む ⇒

[C#] 列挙型の変換操作いろいろまとめ

列挙型の変換操作いろいろまとめ 列挙型 (enum) から 文字列 (string) または 数値 (int) に変換する方法をまとめました。 次のような Colors という列挙型を定義しておき、これを使って各処理を見ていきます。 public enum Colors { Black = 0, Red = 1, Green = 2, Blue = 3, White = 4, } 列挙型 (enu ...

続きを読む ⇒

[JS] 配列の操作まとめ(要素の追加、削除他)

Javascriptの配列操作方法まとめ Javascriptでの配列に対する操作方法をまとめます。 配列の生成 配列を生成するには Arrayコンストラクタ もしくは 配列リテラル を使います。 コンストラクタによる生成 new Array(n) で要素数nの配列を生成できます。 new Array(item1, item2, ...) で配列の生成と同時に値を初期化します。引数なしの場合、空の配列を生成します。 例: // 要素数10の ...

続きを読む ⇒